有明海にだけいるワラスボ、見た目エイリアン。

0
9月 28, 2017

初めてテレビで姿を見た時は衝撃でした。

有明海にだけ生息するワラスボです。

有明海と言うと干潟ですが、ムツゴロウも有名です。

このワラスボ、顔がエイリアンみたいで有名なんです。

ウナギのような体にひれが付いていて、口が大きく目が退化している。

ちなみに頭に小さな点があってこれが目、ほぼ無いに等しい姿です。

まず大きい口に牙のようなギザギザの歯が並んでいます。

むき出しなのでいかにも噛みそう、岩とかにかじりつきそうで怖いです。

口が大きく、ギザギザな歯だとサメのイメージが強い。

凶暴で喰われてしまいそうな感じがします。

ちなみにワラスボはそんなに痛くないらしいがまず手が出せないですね。

ワラスボは珍味として食べられています。

新鮮な物は刺身とか煮付け、メインは干物だそうです。

見た目がかなり怖いですが干物は絶品、かなり美味しいらしい。

エイリアンの顔をイメージすると解りやすい、そのままです。

固いものとかバリバリいけそうな歯の持ち主ワラスボ。

インパクトありすぎです。

フグの歯は正直すごいです!

0
9月 5, 2017

 歯は凄い生物はズバリフグです。大昔のことですが家族で毎週近くの海岸に釣りに行っていました。その時に外道として良く釣れたのが小さなフグです。フグはチーチーとなくという特徴がある他、しっかりとした歯を持っているということを知りました。真っ白な歯で、上下に二本ずつ生えています。丈夫そうな歯で、何でも切れそうなシャープさがあります。釣り上げた時はたいてい歯を固く閉じています。「もし口を開けていて指でも入れたら・・・」と思うとゾッとするような歯です。
 フグは餌として貝なども食べるそうです。貝殻を割るためにはシャープな歯が必要です。生きていくためには鋭い歯が必要だったのです。魚ではアマゾンのピラニアもシャープな歯を持っていることで知られています。それにも負けないのがフグなのです。
 鋭い歯の基準は欠けそうにないしっかりとした歯の質です。正直、余り歯が丈夫ではない私としてはフグの歯は羨ましい限りです。
 その歯が自分の歯と交換できればと思います。真っ白でしっかりとした歯質の歯を持っていたら歯医者のお世話になることは無いと思います。